公開日:2015年5月17日

 

意外な話かもlしれませんが、舞台の本番で、過剰に緊張することの多い方や、あがりやすい方たち(いわゆるあがり症の方たち)、いわゆるステージ・フライトになりやすい方は、外界と私たちとの境界である皮膚への認識があいまいなことが多いのです。

 

舞台で演奏演劇踊りダンス舞踊舞踏)などの表現活動をするとき、あるいは職場プレゼンテーションをするときもそうですが、外界との境界である皮膚を超えて、外側に働きかけます。そして、聴衆や鑑賞者からやってくる反応を外界との境界である皮膚の内側に受け取ります。

必ず皮膚を超えて外へ、そして皮膚の内側にという双方向のやりとりを伴うアクティビティとなります。

 

ところが、境界である皮膚への注意が曖昧であると、そのようなアクティビティを行おうとした途端に、私たちのシステムに大きな負荷がかかり、凍りつきが起こりやすくなります。

多重迷走神経理論に当てはめて説明すると、

社会性を司る腹側迷走神経が優位に働かなくなり、

逃げるか戦うかを担当する交感神経が優位になるか(この場合は過剰緊張します)、

背側迷走神経が優位になります(この場合は凍りつきます)。

 

凍りつきについては、こちらもご参照ください。

 

 

その凍りつきを避けるための次善の策として、境界をはっきりさせるために、口の中の粘膜を噛んだり、歯を食いしばる人もします。

 

次善の策がないか、行っても効果がないと凍りつきます。

地に足がついていない感じ。

頭が真っ白になる感じ。

頭は冷静で、からだが思うように働かないことを冷静に観察している場合

エネルギーが上に上がりっぱなしの状態。

いわゆる、ステージ・フライトの状態です。

 

ですから、ステージ・フライトを避けるためには、境界としての皮膚を注意を向ける必要があります。

 

私かわかみは、以前からウィリアム・コナブル博士直伝の7層のボディマッピングを生徒さん達にお伝えしており、皮膚のボディマッピングもしていました。しかし、従前は皮膚への注意力の重要性をきちんと認識しておりませんでした。

 

今年に入ってから、頻繁にレッスンをご受講される方たちと検証を重ねておりましたが、有効性が確認できましたので、2015年5月から、本番力を高めるために、皮膚のボディっマッピングを私のアレクサンダー・テクニークのレッスンのカリキュラムに加え、すべての生徒さん向けに教え始めました。ご興味がございましたら、ぜひレッスンを受講くださいませ。

 

 

2015年5月19日追記

実際に皮膚のボディマッピング実践していただくと、わずかな時間で

「からだ」が暖かくなり(くるまれているような、心地よい感じとおっしゃる方もいます)、

全身が伸びやかになり、

地面に足が着地します。

 

また、このワークを学ばれた演奏の先生が、生徒さんにやらせてみたところ、いつも発表会で感覚的に脚がなくなるのに、脚があるまま演奏できたという方がいらしたというフィードバックもいただいております。

 

この皮膚のボディマッピングの実践を前提に、

指の独立

特に手が小さい方がオクターブを自由に弾けるようにするための

方法も発見しました。ピアノ奏者の方たちだけではなく、管楽器奏者の方、手仕事をされる方たちに役立ちます。

マイナスの手の効果と発見の経緯 をご参照ください。

 

 

関連

ステージ本番での上がり、過度な緊張とはなにか—多重迷走神経理論(ポリヴェーガル理論)の視点から

 

周囲に自然に注意を払うこと—定位反応とアレクサンダー・テクニーク

 

コラム目次

 

 

2月18日()10:10-12:30 東京・荻窪グループレッスン

 

 

次のメールフォームに入力くださいませ。 ただし、ケイタイ用お申込み・お問い合わせフォームはこちらです。