オックスフォード・コングレス開会式-2004年

オックスフォード・コングレス開会式-2004年

2004年にオックスフォードで開催された、アレクサンダーテクニークのインターナショナル・コングレスに参加し、インターナショナル・コングレスの創始者マイケルフレデリックさんからお話を伺う機会がありました。

 

 

インターナショナル・コングレスは直訳すれば国際会議ですが、会議を行うのはコングレス・コミッティー(実行委員会)のメンバーだけで、それ以外の参加者にとっては、ワークショップエクスチェンジ(交換)レッスン大会&パフォーマンス大発表会です。

 

 

ひとりの参加者は、午前中に90分のクラスを1つとることができ、あとの90分はエクスチェンジ・ルームでエクスチェンジレッスンをします。

 

午後も90分のクラスを1つとることができ、あとの90分はエクスチェンジ・ルームでエクスチェンジ・レッスンをします。

 

 

教師以外の人、つなり訓練中の人や他の参加者の方は、エクスチェンジルームで、教師たちから個人レッスンを受けることができます。

 

エクスチェンジ・ルームでエクスチェンジ・レッスン中のかわかみひろひこ

エクスチェンジ・ルームで、たぶんガマリーさん(バズ・ガマリーさんの息子さん)とエクスチェンジ・レッスン中のかわかみひろひこ

夜には、さまざまなアレクサンダーテクニーク教師が演奏や踊りなどのパフォーマンスをして、それを見ることができます。

 

 

主催者は、STATやその提携団体ATIATNなどの国際的な教師の認定団体から完全に独立したコングレス・コミッティーにより運営されています。

 

 

 

私はマイケル・フレデリックさんに、どうしてインターナショナル・コングレスを始めたのか質問しました。

 

♩ ♫ ♪

 

ぼくがロンドンでウォルターカリントンさんからトレーニングを受けていた頃、異なる教師養成コースの人たちとはほとんど交流がなかった。

特に先生同士の仲が悪いと、それぞれのトレーニーたちは道で会っても、挨拶しないほどだった。

 

 

そういうことがほんとうに厭だった。

 

 

エクスチェンジ・レッスンで仲よくなった人たちと

エクスチェンジ・レッスンで仲よくなった人たち 向かって左3人はドン・ウィードさんのお弟子さんたち

あるとき、スコットさんが様々な教師養成コースのトレーニーたちを一同に集めて、パーティーをやってくれたんだ。

ところが、トレーニーたちは、壁の方にそれぞれの教師養成コースごとに集まって、他の教師養成コースの人たちと交流しようとしない。

見かねたスコットさんのトレーニーたちが、

「こちらにいらっしゃいませんか?」

とお誘いするのだけれど、いっこうに事態が変わらないんだ。

 

 

そういう残念なことがあった。

 

 

 

トレーニングを終えてしばらくしてから、私はマージ(マージョリーバーストウ)に出会った。僕は彼女のやり方が気に入って、彼女のレッスンを受け続けた。

 

そして10年が経ったある日、急に1つのアイディアが閃いた。すぐにマージに聞いた。

オクスフォード・コングレス最後の晩のダンス・パーティーにて

オックスフォード・コングレス最後の晩のダンス・パーティーにて。別にモテているわけではありません(単なる記念写真モードです)

 

「マージ、ぼくはすべてのマスター・ティーチャーをご招待して、アレクサンダーテクニークの世界大会をやろうと思う。彼らが一同に会したら、多くの教師たちやトレーニングを受けているトレニーたちが集まって、新しい交流が生まれる。

 

ぼくがもしその企画を実現したら、マージ、いらしていただけませんか?」

 

 

マージは反射的になにかを言いかけて、やめた。そして、大きなはっきりとした声で答えたんだ

「イエス」

 

と。

 

 

 

ぼくはイギリスで、ウォルター・カリントンさん、パトリック・マクドナルドさん、バーロウ夫妻、さまざまなマスター・ティーチャーのところを訪問して、そして了承を取り付けた。様々な人たちが僕の考えに賛成してくれて、手伝ってくれた。そして、インターナショナル・コングレスを実現できたんだ。

 

 

 

♩ ♫ ♪

 

 

エリザベス&ルシア・ウォーカーさんと

エリザベス&ルシア・ウォーカーさんと(撮影者はアン・ジョンソンさん)

かっこうよいマイケル・フレデリックさんの写真を探したのですが、撮影しなかったようです。ごめんなさい。

 

 

その代わり、マスターティーチャーの今は亡きエリザベスウォーカーさんと、お嬢さんで著名なアレクサンダーテクニーク教師のルシアウォーカーさんと3人で撮影した写真を掲載します。

 

 

 

エリザベスさんの手は私の首の辺りにあって、実はワークしていただいています。