2014年9月23日 公開

「目は口ほどにものを言い」と日本では言いますが、アレクサンダーテクニークのレッスンで実際に生徒さんの目を見ていると、分かることが多いのです。

 

自己(の「からだ」)を観察することに慣れていない方や、自己を観察するときに独特の癖(くせ)をお持ちの方の多くは、自己を観察し始めた途端、目から生気のなくなります。そして同時に「からだ」が下に潰れ始めます。

 

「からだ」が下に潰れると、ご本人の主観ではうまく自己を観察できているかどうかに関わらず、実際には全体に滞りが生まれ、動きにくくなります。

 

こういうことは、楽器の演奏や踊りなどの芸事やその他のお仕事の技術について、練習してもなかなか苦手なことができるようにならない場合にもよく起こっています。

 

アレクサンダーテクニークで求めている自己を見ることは、同時に周囲の環境とともにあること、外界を見ることでもあります。これを意識の統一場と呼びます。

 

「同時に!? そんなのやりにくいよ。集中できないし」と思われるかもしれません。現在のあなたのやり方でうまくいっており、満足されていらっしゃるのでしたら、これまでのやり方で構いません。

でも、もし様々なな活動がうまくいっていないのでしたら、自己への注意の向け方を変える必要があります。そして、新しい方法ができなかったり、できているのかどうかわからない時には適切なアドバイスと訓練がが必要なのです。

 

アレクサンダーテクニークのレッスンでは、教師との1対1の経験からそれ方法を学びます。

 

 

 

コラムの目次はこちらに。