かつて剣術の新陰流では、私たちの内面のリズムを調子、太刀の動きに現れるものを拍子と言ったのだそうだ(『生命知としての場の論理―柳生新陰流に見る共創の理 』中公新書 1996 清水 博 著 173頁)。

そして、まずこの調子と拍子を合わせることが大事であると(前掲)。

 

 

演奏家で言えば、調子は内側の音楽のリズム屋表現です。拍子は実際に演奏した音楽のリズムや表現。

調子と拍子を合わない原因となるものはなんだろうか?

 

それは癖(くせ)だ。「からだ」を押しつぶしたり、胸を張りすぎたり(背中が同時に狭くなる)、上に引っ張り上げたり(「からだ」のどこかが緊張する)。

そのようなことをすると、胴体の筋肉が緊張する。胴体の筋肉は頭や腕や脚に向かうが、それらの頭や腕や脚の動きにブレーキがかかる。

そして呼吸もじゃまされる。

同様のことは、頭部を押し下げたり、引っ張り上げすぎたり、後ろに引いたり、前に出しすぎたりしても起こる。

 

アレクサンダーテクニークを使って、そのような癖をやめていくことによって、調子と拍子が合ってくる。これは、通常の初心者向けの個人レッスンやグループレッスンで行っている。

リズム以外の内側の音楽と実際の演奏の不一致も解消されてゆく。

 

 

 

別の課題は残る。それは、私たちの内面の音楽をいかに育てていくのかということだ。

 

 

内側に湧き起こった音楽と実際の演奏の不一致をなてくしてゆくことと、内面の音楽を充実させていくことはどちらも重要だ。しかし、内面と演奏との不一致の解消はなるべく早く取りかかった方がよい。

なぜならば、ここに不一致があるときに、あなたの演奏の先生は、ご指導された音楽性をあなたがまったく理解していないと誤解されるからだ。なぜならば、少なくても、あなたが表現した音楽が、先生の要求をまったく満たしていないからだ。そして、先生はあなたができない理由が、内面と演奏との不一致だとはけっして思わない。

 

 

 

レッスンのスケジュールはこちらに。

東京や横浜を中心にレッスンするほか、札幌・線だし・静岡・福岡にも出張してレッスンします。