MH900341581より自由に私たちの「からだ」を使えるようになるために、お勧めするのは。日常生活において、アレクサンダーテクニークのプロセス~何かをする時に少し待って、自分自身に余裕が与え、癖をやめるためのディレクションを思ってから動く—を実践されることです。できるだけ多くの機会を見つけて。

 

そして、実践を続けるためにも、ジャーナルを作ることをお勧めします。

 

私のレッスンを受けていらっしゃる方たちにおすすめしているのは、ご自分や(グループレッスンの場合には)他の方たちが、アレクサンダー教師の手と言葉からどのような情報を与えられいたのかということ、そしてその結果として起こったことをメモやスケッチや矢印などを使って書き残されることです。

 

レッスンを受けたことのない方でしたら、この本で取り上げているシチュエーションまたは活動(アクティビティ)を選んで、そこに書かれている意図を自分の言葉で表現しなおすことです。

 

 

教師がいったいどのような意図でその情報を与えたのかという観点でまとめると、後でそのジャーナルを読み直した時に、もう1度レッスンを受講しているとき時間を生きることができます(レッスンを受けられたことのない方の場合には、本を読んで影響を受けた時間を再度生きることができます)。

 

レッスンを受け始めた当初は、教師の意図のほとんどが分からないこともあるかもしれません。また、完全に教師の意図を読み間違えることもあるでしょう。

しかし、そのような観点で振り返ってジャーナルをまとめることによって、
なにが分からないのか、そしてなにを理解しているのかがはっきりしますし、
レッスンの時間内で気づかなかったことに気づくこともあります。また、どこで理解を誤っていたのかについて、気がつくこともあるでしょう。

そして、次第に分からなかったことが、不意に分かり始める時が来るのです。

 

そして日常生活でのうまくいったこと、うまくいかなかったこと、疑問や発見に関するジャーナルも同様におすすめします。もしかしたら、例えば食べ物と体調やメンタルの意外な関係について、大きな発見があるかもしれません。

 

このようにジャーナルを続けて、ご自分にとっての課題が明らかになれば、ご自分で解決できる可能性が高まります。もしご自分で解決できなければ、アレクサンダーテクニークのレッスンで教師といっしょに課題の解決への道筋を見つけることが容易になります。

 

なお、ジャーナルの付け方については、日本の代表的なアウトドアの指導者で、私の先生のひとりのWAN主宰川口拓さんのご指導を参照いたしました。

 

 

コラムの目次はこちらに。

 

2015年7月12日追加

ベースラインを明らかにする―アレクサンダー・テクニークの次のレッスンを受ける前に行うことをお薦めするエクササイズもご参照ください。