更新の上再掲載 2013年12月25日

初出 mixi 2012年08月22日 21:03

今から8年以上前でしたが、ベテランのアレクサンダーテクニークの教師で、チェロ奏者としてカザルスの弟子でもある、ヴィヴィアン・マッキーさんに、どうやって音楽関係の方たちにアレクサンダー・テクニークを広げていったのか聞いたことがありました。

 

今でこそ、英国王立音楽院やその他のイギリスの音大で、アレクサンダー・テクニークはカリキュラムとして取り入れられていますが、けっしてずっと以前からそうだった訳ではありません。

私が日本で2003年に教え始めようと思ったときに、イギリスでそれをやった人に聞くのがいちばんだと思いましたので、ヴィヴィアンさんに問うたのです。

ヴィヴィアンさんは答えました。

「そうねえ。いまから考えるとベストな方法ではなかったのかもしれないけれど、だれもアレクサンダー・テクニークのことを知らなくて。

私は多くの人に知ってもらいたかったし、アレクサンダー・テクニークが多くの音楽家たちに役立つことを知っていたから、ただでよいから、教えさせて、とお願いした。

私の後に入った人は、きちんとお金を貰ったかもしれないけれど、私は貰わなかった」

 

その話を聞いたときに、物事には”始まり”というものがあるのだと思いました。

そして、私は恵まれていると感じました。

2012年8月2日に東京学芸大学教育学部音楽学科にて、学部生100英の方たちにアレクサンダー・テクニークのお講座をする機会をいただきましたが、先方からオファーをいただいたし、きちんと講師料もいただくことになっています。

 

私は恵まれているな、と本当に思います。

 

ヴィヴィアン・マッキーさんは、ある人たちによれば、アン・バティさんと並んで、イギリスでは第2世代を代表するアレクサンダー・テクニーク教師だと言われているそうです(もちろん他にも、素晴らしい教師はたくさんいるでしょう)。

 

そのヴィヴィアンが、無料で何年も教えていたのかと思うとなんか切ないです。

 

著書「自然に演奏してください」にも、今までカザルスの奏法について、だれからも聞かれたことがなかったという発言が書いてありました。

 

彼女は、もっと評価されてしかるべきなのに、そうではない不遇の時代が長かったのです。
けれど、たゆまずに前進を続け、今日の英国でのアレクサンダー・テクニークの隆盛の歴史を作り上げた主要な登場人物のひとりとなりました。

 

私たちは、ともすれば自らが世間に認められず、怨むこともあります。しかし、そんなときこそ、少し待って、世の中自分自身全体を思い出す必要があるのです。

 

 

 

コラムの目次はこちらに。