プロのチェロ奏者の方のご感想です。
ご本人のご許可をいただきましたので、掲載させていただきます。
個人の特定を防ぐために、地名・その他については、伏字にさせていただきました。
♪♪♪ ♪♪ ♪ ♪  ♪♪♪♪  ♪♪ ♪ ♪♪♪
先週は○○○でのレッスンありがとうございました。
メールをしようと思いながら1週間たってしまいました。
先日のレッスンは、先生が補助して下さっている間は楽になるぁ、(何だかわからないけれど・・・)
という程度で、良くわからないまま終わってしまいました。
わからないなりに、「しっかり身につけるには、日常で意識づけながら相当時間がかかるんだろうな」
ということはわかりました。。。
元々身体のことに興味があるので、楽しかったです。
その後生活しながら、またはチェロを弾きながら、
「デリケートに頭がリードして」とか「背中が広い」とかを
自分なりにイメージしていると、首や肩の緊張が減って楽になるのを感じています。
私は○○○呼吸法を習っているのですが、身体のゆるみをより感じられるようになり、
気の流れが良くなったように思います。
今後も○○○へレッスンにいらしていただけるそうで、本当にありがとうございます。
○月○日は個人レッスンをお願いしております。
どうぞよろしくお願いいたします。
♪♪♪ ♪♪ ♪ ♪  ♪♪♪♪  ♪♪ ♪ ♪♪♪
すべて弦楽器に言えることですが、上げ弓から下げ弓に返すとき、あるいは下げ弓から上げ弓に返すときに、重要になるのは、全身が協調して働くこと、そして特に股関節が開いていること(ギュッと固めることをしないこと)です。
これについては、いずれ図解入りで詳細についてブログにアップしますが、股関節を開くために、アレクサンダー・テクニークの基本的な4つのディレクションはとても役に立ちます。