東京グループレッスン-2016年1月25日(月)午後

東京グループレッスン-2016年1月25日(月)午後

2016年1月25日(月)午後に荻窪でアレクサンダー・テクニークのグループレッスンをしました。いつもとは別の会場でした。

 

ピアニストの方3名(新規の生徒さん1名)、
コンディショニングのお仕事の方1名(新規)
ご趣味が武道鍼灸師さん1名

 

初回のピアニストさん、写真には写っていません。

 

今回こちらから設定したテーマがラセンだったので、ラセン方向のディレクションで肩を解放するワークを3つ、腰を解放するワークを1つ、全身を解放するワークを1つ行いました。

 

コンディショニングの方の先生に当たる方が、1997年に私が最初に受講したアレクサンダー・テクニークのグループレッスンでご一緒した方でした。またご趣味が武道の方のかつての先生(故伊藤昇さん)ともアレクサンダー・テクニークのグループで数回ご一緒しましたので、不思議なご縁だなあと思いました。

 

ピアニストさん、3人いるとやることが変わってきます。

 

初回の方とは、全身が伸びやかになると、オクターブを演奏しても、肘の上部やその他の場所に負担が来ませんよということをしました。

 

今日が3回めの方は、指の動きにトラブルのある方ですが、マイナスの手を思うことで指の動きが改善できるかもしれない感じでした。もっとも本日は調子がよい日だから、続けてみないと分からないのですが。

 

レギュラーの方とは、今日は足が浮くとおっしゃるので、腎臓のボディマッピング両手取りの脚引きのワークと、壁ドンならぬ床ドンのワークをしまいた。

 

コンディショニングの方とは、スケートするときの左の膝が内側に落ちるということなので、スケートはできませんでしたが、足のディレクションと脚の主要な3関節のボディマッピングをしました。

 

趣味が武道の方とは、しゃがんだ状態から相手に打ち掛かる動きについて、本日は行いました。動きの起こりがスムースに素早くなる課題をクリアーできました。

 

次回の月曜日の東京でのアレクサンダーテクニークのグループレッスンは、2月29日(月)14時からです。詳細はこちらです。