先週、豪雨洪水の被害が甚大でした。

こういうことを体験されたり、テレビで見たりすると、自律神経系の働きが通常のベースラインから大きく乱れることがありえます。

ベースラインについてはこちらへ。

 

その結果、気分が過剰高揚したり、

逆に落ち込んだり、

いつもよりも演奏ダンス芝居などの舞台本番や、職場のプレゼンテーションや、ママ友自己紹介するときなどに、ステージフライト—-あがり過剰な緊張—-に陥いりやすくなったり

します。

ステージ・フライトのときに、何が起きているのかについて、詳細はこちらをご参照ください。

 

落ち着くために、以下のワークをおすすめします。

頭(脳みそ)の後ろの部分(視覚野)で世界を受け取りながら、ゆっくり視線を動かします。なにか琴線に触れる色や形のものがないかなと興味を持ちながら。

 

ゆっくりやっていただくと、首まわり・肩まわりの筋肉の緊張が解けます。

そして社会性をつかさどる神経系(多重迷走神経理論でいう腹側迷走神経。通説の副交感神経の一部)が優位に働くようになります。

 

多重迷走神経理論についてはこちらをご参照ください。

 

私といっしょに以下のワークやってことがある方たちには

ささやきのアー

ズー・サウンド

ヴー・サウンド

皮膚のボディマッピング

胴体の奥行きを思い出すワーク

握って離すワーク

内臓のボディマッピング

内臓のエクササイズ

等もお勧めです。

 

ぜひやってください。デリケートに頭部を解放して、胴体の奥行きを斜め後ろ上方向に思い出して、太腿がなが~くなりながら。

 

 

この3日間半ほど、サーバーのトラブルでホームページが表示されなかったために、公開が遅くなりました。たいへん申し訳ございませんでした。

 

 

アレクサンダー・テクニークの学校 主宰 かわかみ ひろひこ